外反母趾の対策について

外反母趾の対策について

外反母趾とは、自分の足に合わない靴を長時間履き続けた事によって、足の親指が変形してしまう症状の事をいいます。


この症状がひどいと歩くのが疲れやすくなったり痛みがでてきたりします。さらにひどくなると歩行自体困難になってしまいます。
一度大きく親指が曲がってしまうとなかなか元に戻すのが困難なので、早めの対策が必要です。

成長期は足のサイズが変わりやすいので、常に自分の足に合った靴を履くようにする事が大切です。またヒールなど足先に負担がかかるものはなるべく避け、無理な靴を履かない事も大切です。

関連記事

  1. 坐骨神経痛とは

  2. 高齢者の膝の痛みの原因と対処法

  3. 更年期、お腹周りに脂肪がつきやすく

  4. 発芽玄米の効果・効能

  5. バイク事故はむち打ち症になりやすい

  6. 肩こりの原因は姿勢のゆがみ

キャンペーン 一覧ページ

    登録されている記事はございません。

院長の食べログ