バイク事故はむち打ち症になりやすい

バイク事故はむち打ち症になりやすい

バイクはそれなりのスピードがでて、さまざまな場所に移動することができます。

ですが、車とは違い周りを囲んでいないため、外部からの接触に弱く、スリップしたり、車やバイクなどと接触することでバイク事故を起こすことがあります。

接触をしてバイクが横倒し、または速度にもよりますが、衝撃が強い場合には、首に対しても衝撃によるダメージがあります。

そのためむち打ち症になることがあり、事故からしばらく経ってから痛みなどの症状が出る場合があるため、事故を起こしたら念のため、病院で診察を受けるようにしましょう。

関連記事

  1. 肩こりの原因は姿勢のゆがみ

キャンペーン 一覧ページ

    登録されている記事はございません。

院長の食べログ