坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫・刺激されたことによって痛みやしびれなどの症状が現れることです。

中高年の方に多く見られますが、腰痛に引き続いて発症することが多く、お尻や太腿の後ろやすね、足先まで症状が広がります。

さらに悪化すると、麻痺や痛みによる歩行障害を伴うこともあります。

その原因は、腰椎椎間板ヘルニアや老化による変形性腰椎症や腰椎分離症や脊柱管狭窄症などが考えられています。

関連記事

  1. 肩こりの原因は姿勢のゆがみ

  2. バイク事故はむち打ち症になりやすい

  3. 発芽玄米の効果・効能

  4. 外反母趾の対策について

  5. 高齢者の膝の痛みの原因と対処法

  6. ビタミンA・Eのそれぞれの成分とは

キャンペーン 一覧ページ

    登録されている記事はございません。

院長の食べログ